OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

「旅行に行きたいけど、一緒に行く相手がいない・・・」

「誰かと旅行に行くと、自分の行きたい場所になかなか行けない・・・」

こんな感じに、旅行することに躊躇いがある人も少なくないかと思います。

 

だけどちょっと待った!

旅っていうのはさ、必ずしも「誰かと行かなきゃいけない」なんて誰が決めたよ?

 

それならいっそ、思い切って一人旅しようぜ!

 

自分だけの旅行は、時間や場所を誰かに縛られることはないし、事前に綿密なスケジュールを組む必要もなし!

色々とリスクもあるけど、一人旅でしか味わえない楽しさもあることは間違いなしだ!

 

一人だと旅行先で寂しいんじゃないかって?

旅先の価値観を誰かと共有できないなんてつまんないって?

 

うん、別に旅行中でも友達とLineとかやってればいいと思う。

あとツイッターとかインスタとかでも。

 

それに、今の時代はネットの発達で一人旅のハードルはかなり下がっています。

何か分からないことがあっても、ネットで検索すれば何とかなることがほとんど。

 

そう。だからこそ、一人旅は国内よりも海外に行くことを特に強くオススメします!

 

 

今回はその4つの理由を説明します。

 

 

海外で一人旅は優越感に浸れる

日本語は通じない、治安の問題、日本とは違う社会的ルール・・・

海外旅行というのは少なからずハードルが高いものだという認識は、世間一般的にあると思います。

グループで行くならまだしも、一人で行くとなると特に難しいという印象を持たれるのではないでしょうか。

 

海外一人旅は、飛行機やホテルの予約や現地の交通機関の利用など、全部自分がやらなければいけません。

 

トラブルが起きても、周りにいる人に日本語なんて通じません。

 

誰の手も借りずに海外旅行することは、何があっても自分だけで何とかする「度胸」が必要です。

 

 

しかし!だからこそ!

1人で海外に行くことは、それだけ「他の人にはできない事をやってのけた」という事になります!

 

つまり、一人で海外旅行している俺ってすげぇ!とか思えるわけですよ。

 

僕も、フランス一人旅で新幹線で南北を横断したときは、

やばい今の俺、すげーカッコいいんじゃね?ひとりでフランス横断とか、俺が女だったらマジ惚れるレベル。」

とか思ってました。(考えてることは底辺レベル)

 

まあともかく、こんな感じに自惚れ・・・ゲフンゲフン

・・・・自分に自信を持つことが出来るわけ。

 

そう。これこそが海外一人旅の醍醐味なのです。

 

 

・・・ですが、それが国内だった場合どうでしょう。

 

日本人が日本で一人旅しても、

「あの人、一緒に旅行に行く人がいないのかな?」

とか

「恋人に振られて、一人で寂しく旅してるのかしら?」

とか

「あの旅行者、なに一人で黄昏れてんだよ・・・」

 

とか思われるのがオチです。(超偏見)

 

まあさすがに、このように思われるのは稀だとは思いますが、国内旅行は海外旅行に比べてハードルが低い分、優越感に浸るという意味では劣るに違いありません。

 

 

海外一人旅は「おもしろさ」で「さびしさ」を誤魔化せる!

 

自分を縛るものは何もない一人旅サイコー!と思っても、ときには話し相手がいないことに寂しさを覚えることもあるでしょう。

冒頭で「寂しかったらLineとかすれば?」みたいなことを書きましたが、四六時中誰かにメッセージをするのはアレだし、国によっては時差の関係もあってやり取りしにくい事もありますしね。

 

しかしそんなとき、海外旅行の楽しさは人恋しい思いを紛らわしてくれます。

 

当たり前ですが、海外の環境は日本のそれとは大きく異なります。

言語が違うのはもちろん、街に出れば日本にはない店が軒を連ね、そこは見たことがない商品で埋め尽くされています。

そして現地でしか味わえない食文化や、レジャー体験など、多くの刺激が辺り一面に転がっているのです。

 

つまり刺激的なものばかりで、いちいち寂しがってる暇なんかないのだ!・・・ということ。

つまるところ「おもしろさ」で「ぼっち感」を誤魔化しているのです。

 

しかし国内だとここまで多くの刺激はありません。

 

各地の名所や現地の美味しいものを食べたときなどは刺激はありますが、それ以外だとどうしても新鮮な楽しさは少なくなります。

何か買おうと思っても、商品は全国どこでもお馴染みのものが置かれ、旅行先には自分の地元にあるのとまったく同じコンビニがあるのです。

 

これでは、どうしても旅してる感が薄まってしまいます。

なので「刺激的な面白さ」という意味では国内旅行の魅力は海外旅行に比べると見劣りします。

 

しかし多人数でなら、国内旅行を十分に楽しむことは出来るとは思っています。

グループでいるということは、それだけで楽しい事ですから。

言ってしまえば「多人数でいること」が「つまらなさ」を誤魔化しているわけです。

 

しかしこれを一人旅で想像してごらんなさい。

・・・正直、僕には楽しくなりそうなビジョンが見えません。

そう。つまらないことの誤魔化しが効かないので、退屈な旅行になってしまうのです。

 

 

海外一人旅は、現地の人と仲良くなれるチャンス!

 

誰でも外国人と親しくなりたいという想いを描いたことは、人生で一度はあるでしょう。

海外への一人旅はそんな願いを叶えてくれるかもしれません。

 

「いや、誰か一緒にいた方が安心して話せるし、仲良くなりやすいでしょ?」

そう思う人もいるかもしれませんが、実際全然そんなことはありません!

 

実際は一人でいた方が、外国の人にとっては話しかけやすいのです。

 

例えばですよ。自分の学生時代を想像してみてください。

異性に話しかけるときって、その人が誰か友達といるときより、一人でいる方が話しかけやすいでしょ?

 

それと同じです。

 

やはりグループでいると、どうしてもグループ内と外で壁を作ってしまうので、外人が話したくても話しかけにくいのです。

 

ちなみに僕が学生時代のときは、気になる異性が一人のときでも話しかけられないどころか、相手から話しかけてくるのを待つヘタレでしたどうでもいいですね。

 

もちろん「友達になる!」とまではいかなくても、やはり一人でいた方が色々と向こうの人は積極的に話しかけてくれます。

 

これもぼくの体験ですが、昔ラスベガスのガンショップに行って、一人で射撃の体験をしたときの話。

そこのスタッフが凄く積極的に話しかけてくれました。

 

こんな感じ。

「おう、お前日本人だな!?

  名前は?そうか、がとりって言うのか?

  遠いところからよく来たな、歓迎するぜ!」

 

「がとり、ライフルはこんな感じに固定して狙いを定めるんだ!!理解できたか!?」

 

「どぅるるるるるるるっ!と撃つのは間違いだ。

弾がすぐになくなるからな。

どぅるっどぅるっどぅるっ!って感じで撃て!」

 

「ブラボー!ブラボー!素晴らしい!

お前のその雄姿、俺が写真に収めてやるぜ!」

 

「ここで射撃体験をしたお前は、すでに俺たちのフレンドだ!日本に帰っても元気でな!!」

 

終始こんな感じ。

今更思うけど、奴は何でこんなにテンション高かったんだ・・・。

 

やっぱり普段銃を持ってる奴ってアレなのか⁉︎

FPS厨みたいに、銃を持つとヒャッハーするような連中なのか⁉︎

 

まあ最後に握手もしたし、すごく楽しかったけどさ。

撮られた写真、むっちゃブレてたけどな。

 

実はこの時、他にも何組かのグループ客がいたのですが、そっちは必要最低限のことを伝えただけだったみたい。

やはり、一人でいたからこそ話しかけやすかったのでしょう。

実際・・・旅行中に限らず留学とかでも、日本人が数人で行くよりも単身で行ったほうが外国人と仲良くなれるっていう話もよく聞きますしね。

 

ただ、話しかけやすい=悪い人にも話しかけられやすいということにもなるので、そこは注意は必要。

安全第一。

 

 

 国内一人旅だとカップル旅行者を見ると辛くなる

 

ソースは俺。

 

大学の春休みに京都に行ったときのことだけれど・・・時期が時期なのか学生カップルがそこらじゅうにいるんです。

 

金閣寺とか清水寺とかの観光地はもちろん、ガイドブックに載ってるような飲食店にも絶対いるし、宿泊したホテルにもいるしで、もう僕への当てつけなのかと思いましたよ。ええ。

 

しかもさ、京都だからって浮かれてるのか知らないけどさ、女の子はわざわざ着物なんかレンタルしちゃってさ。

着物だと歩きににくくて観光には絶対向かないハズなのに、わざわざ頑張って着物を着ているとか考えるとさ・・・

 

何それ羨ましすぎる

 

それで改めて自分自身を見てみるんです。

そいかに自分が惨めな存在であるかを思い起こされるんですよ。はい。

 

というか一人旅していることに劣等感を抱いてしまうんですよ。醜いですね。

これは早めに宿に戻って傷心を癒さなければいけません。

 

 

このとき、僕はホテルではなくてゲストハウスで宿泊していたのですが、

・・・そこのロビーでも奴らがいるんですよ。

 

まあドミトリーだから部屋でいちゃつくことは出来ないってのは分かるよ?

でもだからって、ロビーでイチャイチャしているのを見せつけられる僕の身にもなってよ!

なんなの?ねえ、本当になんなの?

こんなことなら、ゲストハウスじゃなくてホテルに泊まればよかった!

 

 

 

 

こうして僕の京都一人旅は、現実というものを嫌というほど突き付けてくれました。

 

・・・その点さ、海外一人旅っていいよね。

日本人カップルに遭遇する確率はかなり低いし、ぼっちで一人寂しく旅してる感が少ないからね。

 

そう。海外の一人旅は自分への精神ダメージが少なく済むのです!

 

え、恋人いるけど一人旅する人もいるから関係ないって?

うん。とりあえず爆発すればいいと思う(怒)

 

 

 おわりに

 

とりあえず一人旅をするなら海外の方がいい理由をまとめてみました。

最後の方になるにつれ、色々と暴走してきているように見えなくもないけれど、きっとそれは気のせい。

 

・・僕自身よく思っていることですが、人生一度も海外一人旅をしないのはもったいないです。

言語も法律も異なる土地で、自分一人で何かを成し遂げるというのは、それだけ貴重な経験です。

もちろんそれが必ず役に立つワケではありませんが、将来の視野は確実に広がると保証します。

 

 

それに何より楽しいしね。

自分のペースで観光できるし、突然の予定変更も大丈夫だし、トラブルが起きたときはハラハラドキドキだし、言葉が全然伝わらなくても助け呼べないし、ガラの悪い兄ちゃんに絡まれやすいし、ホームレスから金銭を要求されること多いし・・・

 

こんな貴重な経験、海外での一人旅じゃないとできないよ!

 

 

 

・・・んん?

スポンサーリンク
おすすめの記事