スポンサーリンク

アメリカの家庭ではお馴染みである「マカロニ&チーズ」という料理をご存知でしょうか。

名前の通り、茹でたマカロニにチーズソースを絡めた料理です。

ただし、実際のアメリカの家庭では粉末のソースで作ることが多いですが。

 

日本で例えるなら、袋入りのインスタントラーメンみたいなもんかな。

家に常備してある点とか凄く似てる。

早く調理できる点も似てる。

 

それで、僕もカナダに留学していたとき、よくホストファミリーが作ってくれました。(アメリカじゃない)

味はいかにも「アメリカン!」って感じで、すごーく美味しいわけではないが、非常に分かりやすいテイスト。

チェダーチーズの風味が前面に感じられる味。

 

それで、この味がたまーに無性に食べたくなるんですよ。

例えるなら、大人になってマクドナルドに行かなくなったけど、たまにすごーく行きたくなる感じ。

分からない?無性にあのジャンキーな味付けを欲したくなる気分。

 

・・・まあそれは人それぞれかもですが、近くのカルディで売ってたので、ちょっと作ってみました。

 

今回買ったマカロニ&チーズ

 

 

マカロニ&チーズといえば「クラフト」といっても過言ではない。

 

カップ麺といえば日清のカップヌードルと同じくらい、マカロニ&チーズ界ではメジャーな存在です。

僕は今回はカルディで買いましたが、コストコとかでも売ってるらしい。

 

一応アマゾンなんかでも。

2月15日現在、4箱で現在1280円也。

1箱あたり320円。

ちなみに米アマゾンの場合。

5箱で4.50ドル・・・。

1箱あたり0.9ドル。OH・・・。

 

ちなみに日本じゃ手に入りにくいが、マカロニがキャラクター物の形をしたバージョンもあったりする。

子供心だと、こういうのってすげーワクワクするんだろうなーと思う。

小さい子供がいる家庭なんかでは、アメリカ行ったときのお土産なんかにいいかもしれない。

 

とりあえず作ってみる

 

ホストファミリーいわく、「マカロニ&チーズは3歳の孫でも作れる簡単な料理なんだぜぇ?」とのこと。

 

・・・マジかよ。

まあ向こうでは作らなかったので、今回どれくらい簡単に作れるのか、実際に作って紹介したいと思います。

 

材料

 

・クラフト「マカロニ&チーズ」

・牛乳

・バター、もしくはマーガリン

(ただし今回はバターがなかったので、代わりにオリーブオイルを使用した)

 

材料を用意したところでいざら開封。

箱の中にそのままマカロニが入っている・・・だと?

 

箱の上からさらにビニールで包装されていたのはこういう事だったのね。

日本だと箱の中でビニールで食品を包装しているのが普通だが、どうやらアメリカでは全く正反対らしい。

 

これ何も知らずに勢いよく開封してしまって、マカロニを辺りに床一面にばらまいちゃう人もいるんじゃないか、コレ?

というか、危うく俺がそうなりかけたよ。やばいやばい。

 

お湯で茹でる

 

うん。とりあえず火を使う時点で冒頭の「3歳児でも作れる」発言はかなり胡散臭くなった。

そもそも思い返せば、ホストファザーの言ってることの半分以上は、嘘やジョークだったような・・・。

・・・また騙されたのか俺は。

 

気を取り直して、調理の続きをします。

とりあえずパスタみたいに塩を入れることはないのは楽ちん。

沸かしたお湯にマカロニを投入するだけ。

茹で時間は7分。マカロニの茹で上がりを待つだけだ。

 

7分後。

 

お湯なくなっとるやんけ!?

 

マカロニが思いのほか膨張してて超ビックリ。

パスタとかの感覚でやってたから、こんなでかくなるとは思わなんだ。

 

一応食べて見たらちゃんと茹で上がってたので一安心。

だけどお湯がもう少し少なかったら、正直危なかったぞ・・・。

 

材料を混ぜる。

 

茹で上がったらお湯をきります。

今回はきるお湯はほとんどなかったが。(汗)

 

マカロニを鍋に戻し、牛乳とオリーブオイル、チーズソースの粉を混ぜ混ぜします。

 

そしてできあがり!

あとは皿に盛るだけです!

 

完・成 !

 

イェィ!

こんな感じになりました!

チェダーチーズの鮮やかな黄色が、いかにもジャンキーな感じで食欲をそそります。

食べてみると、見た目の印象と違い上品な風味が口の中に広がります。

 

・・・・・んん!?上品だと?そんな馬鹿な。

 

なんだろうと思ったら、これオリーブオイルだ。

オリーブオイルとチーズのフレーバーが合わさって、深みのある香り高い味わいになっていたのです。

 

正直そんなつもりでオリーブオイルを入れたわけではなかったので、ちょっとビックリ。嬉しい誤算になりました。

普通のマカロニ&チーズは子供向きとか言う人がいたら食べさせてあげたい。

 

ということで、大人でもおしゃれに食べられるよう、ちょっとだけ飾りつけ。

きれいな黄色をしているので、ピンクペッパーを散らすだけで何ともインスタ映えしそうな一品に変身です。

 

あとはパセリとかパプリカパウダーとかでも、いい感じになりそう。

 

おわりに

 

今回はインスタントなマカロニ&チーズでした。

インスタントラーメンほどではないかもしれませんが、非常に簡単につくれることがお分かりいただけたのではないかと思います。

手軽にアメリカンな料理を出したいときにはマストな一品です。

 

また、自分でナチュラルチーズからソースを手作りすれば、より美味しくなります。

手間はかかりますが、こちらもオススメ。

というか、インスタントも日本じゃ安くないので、上手くすればこっちの方が値段的にお得かも。

 

興味があればぜひぜひ。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事